注文住宅

少しぐらい値段が張っても、自分好みの家を建てたいという人には注文住宅がお勧めです。また、できるだけ費用を安く抑えたいけど値段次第では注文住宅を検討したいという人もいるかと思います。そんな人のために、ここでは注文住宅の予算やメリットとデメリットを説明します。

分譲住宅

なるべく安く家を建てたい、こだわりはあまりないからすぐに入居したい、という人には分譲住宅がお勧めです。ここでは、分譲住宅では注文住宅と比べてどれぐらい安くなるのか、また、分譲住宅のメリット・デメリットは何かを説明します。

分譲住宅の予算は注文住宅と比べると安い?

一般的に分譲住宅の方が注文住宅より安いと言われています。その理由として、まず設計にかける人件費を抑えられる事が挙げられます。そもそも建築物を設計するには、施主の要望や土地条件などを考慮しながらプラ…

分譲住宅のメリットは?

一軒家は大きく分けると、分譲住宅と注文住宅に分けられます。分譲住宅のメリットの一つは、コスト面にあります。注文住宅に比べ分譲住宅は、一軒家を持つことを費用を考えて躊躇している方でも検討できるよう、…

分譲住宅のデメリットは?

自由度があまり高くない!

「庭の広さはこのくらいが良い」、「内装や外装のデザインはこれじゃなきゃ嫌」など、家に求める条件は人それぞれですが、分譲住宅の場合必ずしも希望を叶えられるとは限りません。注文住宅とは違い、分譲住宅は建売が基本になっているので、すでに完成している建物から選ぶことになります。自分が好きなように、間取りやデザインを変更できないのは分譲住宅のデメリットになるでしょう。 少しでも自分の希望に近づけたいのであれば、間取りやデザインが複数パターン用意されている分譲住宅がおすすめです。しかし、それでも選べるパターンは限られてしまいます。分譲住宅は価格の安さが魅力ですが、後から色々な変更を加えようとすると、結局高くなってしまうケースがあるので注意してください。

施工会社が決まっている!

家を購入する時に重要になるのが、家を建ててくれる施工会社です。信頼できる施工会社に家を建ててもらったほうが、安心できますよね。しかし、分譲住宅はすでに家が建てられているので、施工会社が決まってしまっています。家は完成したらそれで終わりというわけではありません。住んでいると色々な箇所が劣化していくので、その都度メンテナンスが必要になります。 その時、よく分からない施工会社にお願いするのは嫌ですよね。アフターフォローなどで、施工会社とは何度もやり取りすることになるので、分譲住宅を選ぶ時はどのような施工会社が建てた家なのか、しっかりチェックしておくことが大切です。後からトラブルにならないように注意しましょう。